FC2ブログ
先週のフロスト雪田氏の応援で、あれっと思う事がありました。この事業場は昨年まで保安法人が管理されていましたが、縁あって雪田氏が今年から管理する事になったそうです。第一電気室は改修工事の際に、年次点検が終わっています。


今回年次点検したのは、第二電気室でした。

P9064371-1.jpg

保護継電器が多く設置されており、OCR,GRともコンデンサトリップです。受電盤の試験が済み、分岐盤の試験を始めましたが、遮断器がトリップしません。原因はコンデンサ引きはずし電源装置の不良で、直流側に正規の電圧が出ていないためでした。そこで、受電盤のコンデンサ引きはずし電源装置を接続して試験を再開しましたが、またトリップしません。今度は、受電盤の電源装置も直流が出なくなっていました。いづれも19年前に設置されたもので、経年劣化(コンデンサの容量抜け?)で壊れたようです。

雪田氏に前管理法人の試験記録を訊ねたところ、試験記録がないとの事です。同管理法人は管理がきちんとしているので、試験をしない訳はないはずです。お客様が紛失したのかと思いましたが、思い出しました。同管理法人の採用している保安規定は昔変更されて、主電気室(キュービクル)の保護継電器のみ試験するように変わっていたのです。それで、この第二電気室にある保護継電器試験記録が無かったようです。

管理する法人、個人により採用する保安規定の内容が違うんですね。
Secret

TrackBackURL
→http://tenkenbiyori.blog.fc2.com/tb.php/2597-93ae3d87