FC2ブログ
山形のレージオ小場先輩から、荷物が届きました。


不要になった漏電監視装置を送って頂きました。

P7138459-1.jpg
左:マルチ 漏電監視装置、 右:ムサシインテック 漏れ電流監視装置
私にはお宝であります。ありがとうございました。
KR社構内柱を点検していると、CVケーブルの被覆が見えました。


CVケーブル被覆は耐候性が悪いので、テープを巻かないとすぐ劣化して割れていまいます。よく見たら、片方は黒色、片方は白色ビニールテープを巻いたようです。ところが白色テープは黒色に比べて耐候性が悪いので、テープが取れてしまったようです。

P7128387-1.jpg
まだ、CV被覆はぼろぼろになっていなかったので、良かったです。AV大山氏によると、電気工事屋さんが電線色が分かりやす様に気をきかせて、テープ色を分けたのだろうとの事でした。

P7128391-1.jpg
ビニールテープ色による、耐候性の違いが分かる事例でした。
これで、私が廃業するまで大丈夫でしょう。
KR社構内配電線点検が続きます。


第2柱の短いケーブルヘッド固定用腕金の発錆状況

P7128373-1.jpg
点検すると、こちらからも営巣跡が出て来ました。しかも、この様な濡れた塊が3つ程も。

P7128375-1.jpg
腕金内を清掃しますが、かなり汚れています。

P7128377-1.jpg
こちらも、営巣防止用に粘土で塞ぎます。穴は水抜きの為です。

P7128383-1.jpg
営巣痕のあった腕金側で、発錆がかなり進んでいます。

KR構内柱では、腕金の発錆が散見されようになりました。そのほとんどがケーブルヘッド用の短い腕金です。いずれの腕金も長い物を切断してあり、反対側は塞いでありません。その為、中に営巣されて発錆がすすんだようです。このお客様が海から近い事も影響は大きいと思います。

10年以上点検していますが、今まで腕金内営巣には気が付きませんでした、いったい何を点検していたのでしょう。(反省)

まだまた、修業が足りませんね。
2020.07.12 腕金内の営巣
今日の柏崎は曇りのち晴れ、最高気温は24.2度、湿度が低く、風がありました。
本日は、KR社年次点検で構内配電線点検の予定です。悪天候を予想して、着替えを用意していましたが、不要で助かりました。


第1柱腕金の発錆状況を確認中

P7128364-1.jpg
近くのT社受電柱腕金の件を思い出して、中を点検すると営巣跡がありました。

P7128368-1.jpg
反対側から針金で巣跡を押し出しています。

P7128371-1.jpg
清掃後、鳥侵入防止のため粘土で塞ぎました。
KR社年次点検に併せて、電気室の立入禁止ロープを取替えました。


前は電線を縛ってそれに立入禁止表示がありました。通電中は電線を外すのが危険ですので、頭を下げて電線を潜っていました。でも、頭を下げて入ると短時間ですが、周囲が見えないので怖いと思っていました。

P7128446-1.jpg
S電気工事さんが、O社電気室でプラスチックチェーンを入口に張っていたので、真似てみました。簡単に外すことが出来て、毎回頭を下げなくてよいので、お勧めです。